新着記事

SAT / 坂元建築の旅 002-2

2013.10.29

SAT / 坂元建築の旅 002-2

さてさて・・・・・・腹ごしらえも済みまして

武雄温泉に向かいます

なんとこの武雄温泉

豊臣秀吉  伊達政宗  宮本武蔵  シーボルト  吉田松陰

などなど、名だたる著名な人物が訪れた有名な温泉なのです。

そして日頃の疲れを癒すために温泉に入ってみました。

・・・・・・・・・・・・・・・

あっ!あつうう!!!!!!!

                  ・・
“ぬる湯”と”あつ湯”の差が1.6度て!!!

どっちに入っても熱いわ(笑)!!

どおりで、入っているおじいちゃん達が

シャア専用機みたいになってる訳だ・・・・・・・

それはさておき お湯はとぅるんとぅるんで

お風呂を上がった後はお肌もとぅるんとぅるんでございました。

やるな武雄温泉・・・・(シャア風で)

さてさて

武雄から佐賀市内へ

市村記念体育館(1963年~ ) / 坂倉準三 へ向かいます

 

なんと斬新な・・・・・

ビール瓶の王冠を思わせるフォルム

そのギザギザが体育館の屋根を支える構造になっております。うむ~~

近くで見ると・・・・・

ご覧の通り壁の通りが不揃い(曲がってます~)

コンクリートの表面もゴツゴツボコボコ

人の手作業を匂わせる”モエ”ポイントですね。

こういうのたまりません

坂倉準三さんは

27歳でフランスに渡り、パリ工業大学で学び

福岡市美術館でおなじみ前川國男の紹介で

ル・コルビュジエの建築設計事務所に入ったそうです。

なるほど・・・・階段のコンクリートの造形

入口の庇(ひさし)の造形も

もちろん全体のフォルムも

コルビュジエの弟子ならでは

なんか、虫っぽい!昆虫の外殻みたい!!

なんか男の子ならテンションがあがりますよね~~たまりません~

女の子もテンションがあがって~

開かないドアをなんくるない感じで~

ガンガン開けたくなりますよね~~

そしてお隣は  

佐賀県立図書館( 1962~ ) / 内田祥哉

水平が綺麗な建物(うっとり)

天井の高さも押さえられて手が届きそう

コンパクトといえば聞こえが悪いですが

無駄に高くない天井が丁度いい

ヒューマンスケールの安心できる空間でした

外部の手摺の装飾や

内部のコンクリートの仕上げ、あめ色の木の手摺etc・・・・

一つ一つが手の込んだ意思のある建物でございました。

好きですね~こういうの~~

1Fには食堂をリフォームしたカフェ(デイズ・キッチン)もあり

カフェの内装も良い感じでございました。

(夕方でしたので閉まってましたが・・・・)

だから・・・・閉まってますって・・・・・・・

というわけで、渋く味わい深い佐賀(武雄→佐賀市内)

皆さんも行ってみてはいかがでしょうか!!

最後に佐賀弁でご挨拶

オカアサン、コノニモンネマットッゴタッ(お母さん、この煮物腐ってるみたい)

・・・・・・・・・・・・・ゲフン

ではまた次回!アディオスアミーゴ~~

関連記事一覧

  1. サンワカンパニーアワード2023
PAGE TOP